お出かけ汗 ニオイ対策

北海道から人生初めての東京ディズニーランド奮戦記

更新日:

私が人生で初めて東京ディズニーランドを訪れたのは、高校3年生の夏の修学旅行の時でした。団体行動での準備をする状況の中、園内での服装、持って行くと本当に良かったアイテムについてお話しします。

あまりの人の多さと異常な熱気に暑さと格闘

1日目に東京を観光し、2日目にディズニーランドに入りました。東京自体が初めて訪れる土地であった私にとって東京は未知の土地。なんとなく人が多いだけという印象を持ちつついつも来ている服を選び、北海道から東京に上陸しました。

1日目、私の格好は七分丈のパンツにTシャツにパーカーを羽織った格好でした。北海道の夏はこれでもやっていける気温であり、飛行機の中でも丁度いい具合だったからです。ただ、私は知らなかったのです。

東京の気温や空気感…そしてどれだけの人口が密集しているかを。飛行機から降りた瞬間の異常な熱気、観光どころでない人口の密集具合に驚きを隠せません。一応夏と言う事もあり、デオドラントスプレーや水は常時持っていました。しかし、それでも追いつかない程の勢いの暑さ。と、一日目は暑さと格闘した一日でした。

雨が降っていても大勢の人の熱気と湿った空気感で園内は結構暑い

2日目は、お待ちかね東京ディズニーランドです。夢の国への期待に私自身からも熱気が出ていた事でしょう。1日目と違い、2日目は雨の予報でした。北海道の雨しか経験したことのない私は、またもや東京の気候をナメていたのです。

ホテルからディズニーランドまでは貸し切りバスでの移動でした。2日目は雨の予報なので、一応デオドラントと水を持っていきましたが、ほとんど出番はないと思っていました。1日目と大差ない服装。雨ということで、1日目より厚手のパーカーを着ていました。

到着し、いざ中へ。この時は1日目より比較的涼しく、パーカーを羽織って正解だと感じ
ていました。平日という事もあり、比較的空いいて、アトラクションもさほど時間がかからずに乗ることが出来ました。

しかし…暑い。外とは違い、建物の中はじめっとした空気感。列を作っている人達の熱気で溢れかえっていました。それでもアトラクションに乗り込むと「水」を使用したものが多いせいか、暑苦しい思いをせずに楽しむことが出来ました。

ディズニーランドへ訪れる際に気を付けることはこんな感じ

東京の天候や気温、できれば湿度等々を調査してから出かける

午後に入るといよいよ本格的に雨が降り始めました。到着直後から曇ったり晴れたりと落ち着かない天気だったのですが、傘を差さなくてはならないほどまで降っています。そんななかも顔色一つ変えずパレードを踊るスタッフの皆様本当にすごいと思います。パレードを見ている一瞬だけは、何もかも忘れられていました。

ところが、見終わった直後我に返ると、30℃を優に超えた気温、降り注ぐ雨、長袖長ズボンに近い恰好の私、湿気でうねる髪。これ以上不快なことはないほどに、私自身がじめじめとしていました。パーカーを脱ぐと寒いから…と散々脱ぐのを拒否していた自分をビンタしたい。耐えきれなくなって、とうとうパーカーを脱ぎました。友人も「やっと脱いだね。暑くないのかなって思ってた」と言ってくれました。

夏場はデオドラントスプレー、水、ウェットティッシュが必需品

そのあとはウェットシートで汗と湿気でべたついた体を綺麗に吹き、一度デオドラントでサラサラにしました。まさか使うとは思っていませんでしたが、持っていて正解でした。水は、結局持っていたものを飲み干してしまい、場内の自販機で購入しました。水分は冬場でも携帯しておくことをお勧めします。

携帯デオドラントシートはとっても便利でした。是非活用してください。ただ、密集した空間に入ることが多いので、匂いのきつい物は控えましょう。他の来場者や同席者が不快な思いをしてしまったり、最悪具合を悪くさせてしまう事もあるからです。デオドラントの香料と汗の匂いは混ざってしまうとなかなかの刺激臭ですからね。

夜になると突然冷えるので、一枚薄手のパーカーなどを持っていく

夜になると比較的昼よりも涼しく、パーカーの出番がありました。昼間に欠いた汗が冷風にさらされ、身体が冷えたのでしょう。Tシャツだけでは予想以上に肌寒くなってしまいました。さっきまでYシャツのみだった女子高生もブレザーを羽織り、暖かくしていました。そう考えると、私の服装はあながち間違いではないのかと感じました。

あくまで田舎育ちの個人の見解ですが、どの地域の方にも言えるのではないでしょうか。あとポイントとしては、通気性の良い服を選んだ方がいいかもしれません。重ね着をしたい人は中にTシャツを着て上から薄手のシャツを羽織る程度など、私の様に厚手の物を羽織ってしまうと夜は暖かいのですが汗や熱気が籠ってしまいます。そうなると体がべたつき、本気で楽しめなくなってしまいます。

オシャレ感と機能性を両立したアイテム選び

最後に、ディズニーランドはお土産も充実しています。ディズニーランドに訪れた人は必ずと言っていいほど購入するカチューシャなどもあります。そして、夢の国であり最高の思い出の場所として必ずどこかで写真を撮りますよね。ならば、カチューシャやグッズを身につける事を想定して洋服を選んではどうでしょうか。

実は私はココが一番後悔した所でした。自分の大好きな作品のグッズを身につけるのなら、もっとオシャレすればよかった…と後悔したのは現像した写真を見た時です。折角可愛いグッズを身につけても、服装がイマイチだとなんだかいい思い出も自分の中ではくすんでしまいます。

無理をしない程度のオシャレ感を演出して楽しもう

是非、ディズニーランドへ行くのなら今までしたことのないオシャレで!ただ無理はしないでください、自分の歩きやすい靴(ヒールの無い物)や首に巻くもの(ネックレスなど)は絶対に危険です。※ネックレスは、アトラクションで事故になる事もあります。

どういうアトラクションに乗りたいか、どのぐらい歩くかを想定したオシャレを楽しんでください。オシャレもイベントも楽しめるのがディズニーランドです。

まとめ

ディズニーランドへ訪れる際に気を付けることはこんな感じです

・東京の天候や気温、できれば湿度等々を調査してから出かける

・夏場はデオドラントスプレー、水、ウェットティッシュが必需品

   *冬でも水は必要。小さなお子様を連れる時は特に

・夜になると突然冷えるので、一枚薄手のパーカーなどを持っていくといいです

・オシャレ感と機能性、両方を考慮したしたアイテム選び

・歩きやすい靴

   *ネックレスなどは絶対に危険です

-お出かけ汗 ニオイ対策

Copyright© 100% ニオイの体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.