夏の風物詩 花火大会での女性の可愛いくも機能的な服装

花火大会

これから、ひっょとするとお付き合いがはじまるかも・・・そんな人との初めてのデート。 お互い知り合って日もあさい状況で、女性としてはやっぱりよく思ってもらいたい、もっと好きになってもらいたいと、服装やメイクや持ち物など会う当日まで迷うし気持ち的にもハラハラドキドキですよね。

私の場合は当時25歳で、彼は26歳。花火大会が、私たちのまだ付き合う前の初めてのデートでした。

私は浴衣は着ずに私服で行きましたので、私服に関してのアドバイスになりますが、大切なのは、ずばり動きやすい機能的な服装であることです。正直、初デートだと可愛らしい男の子受けがある服装で臨みたい気持ちももちろんありますが、でも花火大会ではそうゆう服装はあまり向きません。

動きやすい服装にナチュラルメイク。これくらいの方が、相手にもあまり気をつかわせることなく夜空を照らす美しい花火をみながら、自然な感じで楽しい時間を過ごせるからです。

可愛いけど機能的でない五つのアイテム

《NG項目》

ミニスカート

高いヒール

帽子

クラッチバック

白色の服

ひとつづつ体験を元に説明します。

ミニスカート

初めになぜミニスカートがあまりよくないかと言うと、花火大会では地面に座ったり、階段に座ったり、ずっと立って見てると言うよりも、屋台で食べ物を買って敷物をひいて、座って鑑賞するのが一般的です。

その際にミニスカートだと、風でヒラリというハプニングもあれば、体育座りをすればパンツが見えてしまうなどかなり神経を使ってしまいます。なのでミニスカートよりも膝丈スカートやロングスカートがオススメです。

高いヒール

次に高いヒールがあまり向かないのはだいたいわかりますよね?花火大会では、すでに場所を確保してあればそんなに歩き回ることはないかもしれませんが、ほとんどの人はどの場所で見ようか歩いて場所を探します。

人混みでもあるとともに、歩き回らなければならないときに高いヒールだと疲れちゃいますし、初デートで彼に迷惑はあまりかけたくないですよね。なのでヒールを履く際はだいたい5センチくらいか、今はスニーカーでもオシャレなものはいっぱいあるので、足元だけ外してオシャレをするのも歩きやすく機能的でいいと思います。

帽子

次に帽子があまり向かない理由としては、花火大会は川沿いや海沿いで打ち上がることが多くないですか?そうゆう場所は結構風が強かったりします。風で帽子が飛ばされそうなのに気をとられてしまって、せっかくのデートが楽しめないとなるともったいないです。なので私は帽子を被ることはあまりオススメしません。

クラッチバック

クラッチバッグ

次にクラッチバックは、片手がふさがってしまうことによって、もしかしたら手が繋げたかもしれないタイミングを逃してしまうからです。あとは実際に私が、初デートでクラッチバックを持っていってしまい、案外荷物を大量に入れて片手が痺れるくらいに疲れてしまったからです。

花火大会ともなると、タオルやティッシュ、おしりの下にひける敷物、歩き回ったときにもしかしたらできてしまうかもしれない靴ズレ対策のグッズだったりと、荷物が多くなってしまいます。それでも私はクラッチバックがすごく好きなので、小さいクラッチバックに物を詰め込んで、結構パンパンで重くなってしまいました。

彼は優しい人で、大きなリュックサックで来てたので、重そうなクラッチバックを見て、自分のリュックサックの中に入れてくれました。正直、申し訳ないのと恥ずかしさでいっぱいになりました。こんな事があってかクラッチバックはOUTです。

白色の服

最後に白色の服が向かない理由としては、屋台で食べるものって、たこ焼きやお好み焼き、チョコバナナなど何かしら垂れてしまったりこぼれてしまうものが多いと思います。白い服だとそうゆう汚れが目立ってしまって暗い中とはいえ、恥ずかしいですよね。そうゆう点を含めて真っ白なワンピースだとか白いシャツはオススメできません。逆にオススメな服装も紹介します。

浴衣女子にも負けない汗対策も考慮した機能的なスタイルとは

《OK項目》

膝丈ワンピース

スニーカー

斜め掛けバック

髪の毛をまとめる

膝丈ワンピース

膝丈ワンピースのオススメする点は、やっぱりデートのときは、スカートを履きたいですね。膝丈だと海風など浴びたときにふんわり揺れる感じが可愛らしいのはもちろん、暑い花火大会にはスカートを履いて涼しくしたいですよね。

さらに、座って観るときも膝丈スカートなら、パンツを気にすることもそんなにないと思います。さらに、ワンピースをオススメするのは、座ったときにウエスト部分がお腹に食い込まずに苦しい思いをせずに過ごせます。

スニーカー

次にスニーカーは、上記でも少し書かせていただきましたが、たくさん歩くときにはヒールよりもスニーカーのほうが楽に歩けるし、なにより相手も気をつかうことがなくなり精神的にも凄く楽になります。膝丈ワンピースにスニーカーで、少しはずしたオシャレをするのってすごく可愛いです。

斜め掛けバック

バックについては両手があくものをオススメします。少し大き目の斜め掛けバックといったところがしょうか。小さめなポシェットでは、なかなか入らないかもしれないですが、多少の大き目の斜め掛けバックがあれば、両手が空いて手を繋ぐことだって、屋台で買った食べ物を持ったりなど抜群の機能性を発揮します。

髪の毛をまとめる

最後に髪の毛をまとめることについては、やはり外で暑いのもありますし、人混みで汗もいっぱいかくと思います。そんなときに髪の毛を束ねておくと、少しはベタベタ感が軽減されます。しかも浴衣を着ていなくても髪の毛を可愛く束ねておけば、浴衣女子にも負けませんよ。

私の当日のファッションを具体的に公開

私は実際に、オレンジ色のノースリーブシフォンワンピースにスニーカー、クラッチバックに髪の毛は前髪もスッキリあげて一つ結びでいきました。クラッチバックは少々失敗でしたが、それ以外はファッション的にも、機能的にも良かったのではないかと思います。毎年、花火大会には出かけますが、私は浴衣よりも私服で行く派ですので、これからも花火ルックをファッションと機能、両方を兼ね備えた服装を追求していきたいです。

特集 : お出かけ汗・ニオイ対策記事