女性体臭体験談

外出時に遭遇した放屁についてのあれやこれや

更新日:

私は匂いには敏感な方だ。エレベーターで他の人と乗り合わせた時や、満員電車の中の匂いは特に気になる。体臭や汗の匂いが気になる時もあるが、放屁をされた時などは最悪である。無臭だった空間に突然臭い匂いが漂ってくるのは何とも言えない。

エレベーターや電車に乗り合わせた本人は、知らん顔をしているので誰が臭いの元なのかはわからないが、臭いことこの上ないと感じる事が多い。時々「申し訳ない」と詫びてほしいくらい臭い放屁をされる事があるが、こればかりは目に見えるわけではないのでどうしようもない。

女性でも仕方がない人間だから仕方がない

私はそんな時、心の中で「人間だから仕方がない。おならをして謝る人なんていないし」と、自分に言い聞かせる事にしている。何故私がそういう風にしているのかというと、自分でも時々外出時に、放屁をする事があるからだ。私は40代という年齢で性別は女性なので少々恥ずかし話ではある。

学生時代には放屁をして友達に詫びる事が多かったが、見知らぬ人同士が集まる空間では「おならをして申し訳ありません。」と、いうわけにはいかない。他の人達が放屁をした場合でも、特に何も言わないのを過去の経験で知っているし、自分だけ言うのもおかしい気がする。

多少罪悪感は感じるものの、「他の人達から見えるわけではないから大丈夫だろう」という気持ちと「変わった人に見られるから言わない方が良い」という考えがそうさせるのだろう。口臭や汗の匂いの場合は、あらかじめデオドラントスプレーなどで対処できるが、放屁の場合は何もできない。

究極の最終結論はやっぱりこれしかない

自分の放屁に対して好意を抱いているわけではなく、アグレッシブにしているわけでもないのでなおさら困るのだが、対処法としては、TPOをわきまえて、自分一人の時にそっと放屁をするしかないのである。誰が何と言ってもこれが最終結論だと思う。

思いがけず出てしまう時もあるが、臭い匂いの場合はしばらくその場にじっとして匂いが消えるのを待つしかない。出来る限りそういう事態に陥らないよう、外出時に周りに沢山人がいる場合は、エクササイズを兼ねて緊張感を持つよう心がけないといけなくなる。

日頃から腸内環境を整えて不測の事態に備える

放屁の原因には腸内環境も関係しているので、出来るだけ腸内を整えるようにするのも効果的だ。特に芋などの根菜類は、ガスを出すのを促す働きがあるので、朝食時には食べないようにするとかなり改善される。

毎日軽い運動をするのも効果がある。フランス人が香水を選ぶ基準は、自分の体臭と混ざった時に、魅力的な香りになる商品を選ぶという話を本で読んだ事があるが、ガスの場合はフレグランス( よい香りの物の総称 )効果が半減する。

ガスはもともと天然成分なので、もしも消臭目的で使いたいならハーブオイルやローズォーターなど天然の物を携帯しておきたいものだ。これなら靴の消臭にも使えるし、体の他の部位にも使えるだろう。滅多に使う事はないが、不測の事態に備えるには良いアイテムなので、用意しておきたい。

-女性体臭体験談

Copyright© 100%ニオイの体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.