吐き気を催す程の汗臭い事態に遭遇した瞬間 自身のケアも心掛けるようになった

工場跡地私は、海外転勤にて東南アジアで仕事をしていたことがあります。そこでは、色々な国の人が集まり仕事をしていました。そのときのガチな出来事です。

その国は、年中暑い国で、寒さに弱い私にはちょうど良い国でしたが、汗っかきでもあるので、その点で汗の臭いなどが心配でした。製造系の仕事で、工場での仕事がメインだったので、現場を動き回ることが多くありました。

30分で汗だくになる程の環境での作業

その工場では冷房を設置していなかった為、少しでも歩くと汗が滴り落ち、始業時間から30分もすると汗だくで、シャツを着替えたいくらいになりました。しかし、30分に一回も着替えていると、8時間で16着も必要になり、そんな無駄なことは出来ませんでした。

そのため、我慢して着替えはしませんでしたが、事務所に戻り、冷房が効いている部屋で休憩がてら、資料をまとめたり、分析状況の確認をしたり、生産計画と実績、フォーキャストを照らし合わせて、生産予定を変更したりと、8時間勤務の内、5時間は事務所で仕事をするようにしていました。

家族にも煙たがられる自分の臭い

それでも、家に帰り、嫁と子供に会うと直ぐに、「汗臭いから近寄らないで、直ぐにシャワー浴びて」と言われ、ハグも何もできませんでした。そして、シャツも汚いものを触るかのように、つままれて、洗濯機の中に入れられ、嫁、子供の物とは別口で洗濯をされていました。

確かに、自分でもものすごく汗臭くて、車に乗っている最中、余りの汗臭さに窓を全開にしたりしていました。そんな私でも、びっくりするほど臭いがきついと感じた人がいました。

同じ会社の人でしたが、汗の臭いもものすごかったのですが、その臭いとともに、ワキの臭いが混ざって、ありえない臭いを振りまいていたのです。そして、まさかの事態が起こってしまいました。

雨の日の満員電車はこれと同じ状態

屋外で作業をしていると、突然の大雨で、近くにあった倉庫に一時的に避難をしたのですが、なんとその人も一緒の倉庫に逃げてきたのです。大雨の前は快晴でとても暑く、皆汗をかきまくっていました。

そんなときに狭い倉庫に、そこで作業をしていたほとんどの人が一緒に入ってしまったので、臭いがきつすぎてものすごい吐き気を催しました。しかし、ほかの人に悪いという気持ちと、吐いてしまうと、みんなが心配して近寄って来ると思うと、吐くのを我慢するしかありませんでした。

壮絶な体験から自身の体臭について考える

雨足が弱くなったのを見計らって、直ぐに倉庫から事務所に戻り、トイレに直行しました。そこで、昼に食べたものをほとんど吐き出しすっきりしましたが、後にも先にも、人の臭いで吐いたのは始めての経験でした。

それからは、他人事ではなく、私自身も体臭にはかなり神経をつかうようになり、職場でも家庭でもこまめなケアをするように心掛けています。