女性体臭体験談

混ぜるな危険 !!

更新日:

私は汗の臭いで恥ずかしい思いをしたことがあります。当時19歳の女子大生だった私は某テーマパークでアルバイトをさせて頂いていました。配属先は屋外で自動操縦されている船に乗り、ゲストをガイドするアトラクションでした。一応屋根で日陰にはなっているものの、夏場は3周もすれば汗だくでした。

その日は当時付き合っていた彼氏が共通の友人たちと一緒にテーマパークに遊びに来るとのことで、ちょうど午前でバイトの終わる私は途中で合流し、そのままパークで遊ぶ約束になっていました。しかしそんな日に限ってマシントラブルがあり、ゲスト対応に追われて約束の12:30には仕事が終わらず、結局1時間ほど遅れて更衣室に駆け込みました。

焦りながらも、万全の汗対策をしたつもりが。。。

普段であればシャワースペースでシャワーを浴びて、制汗剤を吹き付けてから帰宅したり遊んだりします。しかし、友人や彼氏から「ご飯を一緒に食べたいから遅れても食べずに待っている」と言われていたので、とりあえず香り付きの汗拭きシートで汗を拭き、同僚から借りたシーブリーズで全身の火照りを収めて、制汗スプレーを吹き付けて彼らと合流しました。

普通に一緒に歩いている時はどうともなかったのですが、レストランで彼のとなりに座った時に彼が「ん?」という不思議な顔をしました。そして、私に対して「シャワー浴びてこなかったの?」と尋ねました。しっかりと対策をしたはずだったのにまだ臭かったかな、と恐る恐る聞くと「制汗剤の匂いが臭い」とのこと。

私は自分の汗の臭いを気にする余り、あれもこれもと自分の体につけてしまったのでそれらが混ざり、さらに洋服の柔軟剤等の香りまで加わってとんでもなく匂いがきつかったらしいのです。ひとつひとつはとてもいい匂いなのですが、たくさんつけると本当にきつい匂いになっていたようでした。

自分の臭いは、自分では気づかない。だから厄介なのだ ! !

臭いを気にしていることがばれたことが当時の私はとっても恥ずかしくて、穴があったら入りたい気持ちでした。友人たちは「急かしてごめんね。女の子だから気になるよね。この後シャワー浴びてきていいよ。それから遊ぼうよ!」と優しい言葉をかけてくれました。しかしそれが本当に申し訳なくて、より恥ずかしかったです。

それからは香水や制汗剤、汗拭きシートは全て同じ香りの系統のものを揃えて、つけすぎたり人と会う直前につけたりしないように気をつけています。汗の臭いだけでなく、人工的な匂いでもつけている本人はその強さに余り気づかないんだなぁと思わされた出来事でした。

-女性体臭体験談

Copyright© 100% ニオイの体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.