30代に突入した夫が臭い ついに柿渋石鹸まで出動

デスクワーク私が今の夫と結婚したのは、お互い28歳の時でした。その当時は夫のTシャツや枕カバーの臭いなどは標準的だと思っていましたし、臭うほうでもないかなと思っていました。しかし30歳を過ぎたぐらいからどんどん匂いが臭くなってきて、今ではかなり臭うのです。

おじさんの臭いというか加齢臭だと思うのですが、一日働いて帰ってきた時、夕方以降には特に体の臭いがキツクなります。夫の臭いを調べてみたのですが、首のあたりにべったりした汗が出てくる汗腺が多くて、そこから臭いがする汗が吹き出しているようです。

まわりを調査した結果やはり夫の臭いはキツイ !

夫だけではなく,周りのママ友も30歳を過ぎた頃から臭いと言っている人が多いので、そういうものかなとも思ってみたのですが、先日実家に帰った際に匂いの話をしていたついでに、弟二人のTシャツ臭いをかいでみたところ、夫のような臭いがうっすらするかなと思うところはありましたが、比べものにならないぐらいキツイ臭いはなかったのです。

夫の臭いがキツイ原因としては、夫は会社でデスクワークをしていて体を使わないので、汗をかく機会が少ないのです。そういった人は汗をかいた際にべったりした臭いのある汗を出すようで、体を動かし慣れている人は、それほど臭くはないということでそれかなと思っています。

対策としては汗の臭いの拭き取りシートを会社にまで持参していて、こまめに拭いていますし、お風呂でもしっかりと洗うようにしています。お風呂では臭いによく効くという柿渋石鹸で洗うようにしてます。

我が家で使用している柿渋石鹸

柿渋石鹸

柿渋石鹸と言うと臭いを抑えてくれる代表的なイメージがありますが、最近 、近所のドラッグストアにいってもあんまりみかけないし、それどころか固形石鹼の陳列スペースがあまりなく、大部分は男性用の「男のニオイ」とか「加齢臭に効く」みたいな男性用のボディーソープが所狭しと陳列されてます。

我が家は、5歳の娘がいますが、私たち両親が使う物には何でも興味を示し使おうとします。夫の臭いの事を考えると、このような洗浄力の強そうな石鹸も買ってみようかとも思いますが、安全面も考慮して今は使用を控えています。

そんな中、医薬部外品の表示がなくパッケージに「柿渋」と書いてある2個入りで300円の石鹸があります。以前この製品の上位版で、医薬部外品の物もあったと思うのですが最近見なくなりました。しかし、この石鹸がなかなか良いのです。ここで商品名を出すのもどうか思うので書きませんが、お近くのドラッグストアのボディーソープのコーナーに行けばわかりますよ。

特徴として

値段が手ごろで経済的。

医薬部外品でないので子供が使っても安心。

柿渋の成分はしっかりはいっている。

パッケージに「ニオイ」「加齢臭」などの表記がないので女性でも買いやすい。

体の外で発生するニオイは抑えられる。

初めてでも手軽に使用できる。

値段の割にはいいと思いませんか。

あと石鹸自体の匂いですが、「爽やかシトラスの香り」と書かれていますが、たしかに泡立てた時はそんな匂いもするけど体を洗った後はほぼ無臭で、過剰な匂いはなく女性の私でも使うことができます。

肝心なのは「夫の臭いはどうなの ? 」

結論から言うと根本的な解決とまではいきませんが、お風呂に入ってから次の日の出勤時間までの間は、体臭が抑えられてると感じます。石鹸は、それ自体にも殺菌成分がふくまれていますが、柿渋の成分が加算されているので、お風呂上りに汗ばむことがあっても、石鹸特有の「金属セッケン」の効果で、皮膚の表面に有効成分が残ることで臭いを抑えているようです。

根本的な解決とは、体の中を綺麗にして汗をかいても臭いがでない状態になる事だと思っていて、夫の場合まだそこまで改善されていません。体臭が気になると感じたら、とりあえず我が家で使っているような手軽に柿渋が試せる石鹸に変えてみるのもいいですね。

家族円満ですごせるよう臭い対策はより一層の努力を !

Tシャツや枕カバーは臭いがとれる液体に漬け込んで洗ったりもしていますが、洗濯機で回した後も臭いがとれていないことがあり、なかなか難しいものだなと思います。5歳になる娘も夫のニオイが臭いということに気づいていて、「パパ、臭いもんな」と指摘するようになり、夫が機嫌を崩すこともあります。

女児は思春期になるとこういった父親の臭いなどを毛嫌いするような傾向があると思うので、これからもしっかりと対策しないといけないなと考えています。まだ30代半ばなのですが、今後、加齢とともに体臭がきつくなっていくのかなと思うと、早く何か対策を考えないといけないなと思います。

柿渋石鹸などのグッズを使用して、及ばずながら少しずつ対策をしていることもあり、夫が近づくだけで「臭い」ということは少なくなりましたが、Tシャツを洗濯したり触ったりする時にやはり臭いを感じますし、Tシャツが黄ばんだりしてすぐに捨てなければいけなくなる場面もあり、まだまだ困った状況は続いています。