【オヤジ臭の実態】それを知れば解決策が見えてくる

汗をふくおじさん年齢を重ねるにつれて男性は「オヤジ臭」が気になりはじめめます。しかし,不思議と「オバサン臭」と言う言葉は、あま聞かないのではないでしょうか。ほとんどの場合、男性の臭いといったイメージがありますが。実際は男女とも年齢を重ねると独特な臭いは発生するするようです。

では、どうして「オヤジ臭」といったイメージが定着してるのでしょうか?じつは、多くの人は、加齢臭イコール「オヤジ臭」と思っているようです。実際はタバコの臭い、二日酔い、不潔な頭髪の臭い、汗の臭いなどのあらゆる生活臭が「オヤジ臭」の実態で、

「オヤジ臭」の実態は、以外にも視覚的なイメージが多い

特に若い女性の方は、そういった不快なイメージがあると全部ひっくるめて加齢臭と思っているようです。たしかに、女性より男性のほうが汗をかきやすく、必然的に分泌物も多くなって臭いも発生しやすくなっているとは思いますが「オヤジ臭」の実態は、以外にも視覚的なイメージが多分に影響を及ぼしているようです。

周囲のことを気にすることなくタンを吐く。ひどい場合は、車の運転中でも信号待ちでドアを開けて吐く人もいる。食事の後、人前でゲップをする。爪楊枝で音を立てて歯の手入れをする。出してもらった おしぼりで首や脇を豪快に拭く。更には歯を拭いている人もいます。

マナーの悪い行いが臭いと印象づけされる

往々にしてこういうマナーの悪い行いが、嗅覚の臭いと、日頃の清潔感のない服装、油っぽい乱れた頭髪など、見た目の印象の悪さに拍車をかけ、最終的に「オヤジ臭い」という悪い印象になって敬遠されるるのですよ。ハイ。

私自身もだんだん歳をとってくると、周囲の事なと゛あまり気にならなくなって、ついついマナーの悪い行動を無意識のうちに、やらかしていないだろうかと、今一度自身の身なり、行いを見直してみようと思う。

日頃から人に不快な思いをさせない行いを

体臭や加齢臭などを含む生活臭は、老若男女どんな世代の人でも、必ずあるし、完全に消すことはできない。実際には、若い人のほうが、中高年の男性より新陳代謝も活発で汗もたくさんかくし、体臭をはじめとする臭いの元となる物質は、たくさん分泌されるので臭いそのものは強いのではないでしょうか。

しかし、「オヤジ臭い」というイメージが実際には臭くなくても「クサイ」と印象づけられるのは、悲しいものがありますね。「オヤジ臭」の対策としては、人に不快な思いをさせない清潔な身なりを心掛け、エチケットやマナーを逸脱しない品のある行動をとれば、少なくとも視覚的なイメージは解消できるでしょうか。