先ずは臭うジャージを洗濯してダンディズムを演出

シャンプー私は、自宅が仕事場でカウンセラーをしています。ほとんど電話やスカイプでのやり取りが多いせいか、自分の身なりに関心がありません。普段からジャージ姿でちょっとしたお出かけでもそのまま外出します。

おまけにジャージは色違いで3着ずつ春夏用。秋冬用があります。それをヘビーローテーションで1着半月の割合で洗濯に出します。当然、妻からは「臭い!」と怒られ今ではバイ菌呼ばわりされております。

ただでさえ臭うのに、洗濯に出さない理由はまだ着れる!臭わない!自己判断によるものです。おまけに私はニンニクが好きで常にお友達状態にあります。そんなおり、妻が器用な特技を私に見せつけました。

妻の特技は臭いで自分の物を見分ける・・・

それは夫婦同じ色のクッション、布団カバー、枕カバーなのですが洗濯した後、必ず妻はどちらが自分の物か見分けるのです。鼻を洗濯物に近づけてニオイを嗅いだ後、「あ!これ臭いからお父さんのだ!」と言うのです。

そんな馬鹿な。うたぐり深い私は妻と同様に鼻を近づけてクンクン。「あ!確かに臭う!臭い!俺のだ!お前洗濯したんだろ?」妻は「毎回洗濯しても臭ってるよ。」と言う。

愕然とした私は49歳ですが、もうすぐ50歳。中年だ。とは言えもう一花くらい咲かせられると言うものだ。これでも若いころはバイトでモデルもやっていたのだ。アパレルショップをまかされ原宿、表参道で闊歩していたくらいなのです。

ダンディーになることを決意したがコレって無駄遣い

私は決心しました。この先まだ一花咲かせる為にはダンディーにならないと。まずは臭い退治だ!私はタバコも吸うしニンニクも好き。口臭からだ!今まで妻に言われるがまま「お父さんはこの歯磨き粉ね」といわれ100円前後の物を使っていたのだが、それを歯肉炎、ヤニ落としにも効果がある1000円台の物に変えた。妻は「無駄遣いだからやめなさい ! どうせ臭いんだから」と言われるが無視して購入。

身体全体の臭いも退治だ!思いついた私はこれまた妻に言われるがまま「お父さんはこのボディーソープとシャンプーね」と言われ、これらも120円くらの物で満足していた。
ドラックストアーのメンズコーナーに行き男のデオドラントとか書いてある、これまた1000円前後の物を購入。

全て微妙な結果 しかしダンディズム目指してチャレンジし続ける

おまけに洗顔フォームも600円近い物を購入。最後には歯ブラシまで88円の物から350円の物に変える始末。これで今日からダンディズムな雰囲気を醸し出せる。一週間後。まずは歯!歯茎の色が良くなった程度で臭いは微妙。

次、身体の臭い ! 風呂直後の臭いは爽やかな香り。寝て朝起きるとこれまた微妙。ジャージ姿で洗濯するローテーション変わらず。せめて2日で洗う事にする。結論はまだ先にある。まだチャレンジの最中なのだから。 

私の人生、もう一花咲かせるまでは例え無駄遣いだと言われてもこだわりのある男でありたい、続けられる限り。因みに、髪型も10分1000円カットから美容院に変えました。臭いとヘアースタイルは関係ないがやる以上こだわる私なのだ。