足の臭いで記憶が鮮明に蘇るスキーの思い出

定休日の看板だいぶ前の話ですが、当時32歳位。私の友人で足の臭いが少し気になる奴がいました。普段は外で会っているので、足の臭いが気になることは稀です。しかし、そいつの家に行くことが度々あり部屋に入ると、「う~何か臭うなぁ・・」と思い探ってみると、やはり彼の足の臭いのようです。まぁその時はあまり長居もしなかったので、彼にそのことを告げる事もなく家をでました。

私は人より鼻がいいのは確かですが、前から少し彼の足には何かあると薄々思っていたのです。ある日彼と一緒にスキーに行った日のことです。その日は天気もよく絶好のスキー日和でした。もう3月だったので、何本が滑ると汗をかくほどで、その日は天候もよく朝からガンガンに滑りました。帰りの車が大変なことになるとはつゆ知らず・・。

自分の足が臭いという自覚がない友人でものけぞる程の悪臭

程よく疲れた体で、ウエアーを着替え車で帰るしたくをして、「さぁ出発!」と車に乗り込んだところ、「ううう・・なんじゃこの臭いは・・」自分の臭いは普段はわからいことが多いと聞きますが、以前から少し足が臭かった彼は全く自分の足が臭いということを意識してませんでした。でも、この日は違っていました。

あまりにも強烈なのです。おそらくいい天気で、汗をかくほどだったのとおまけにスキーブーツです。それは蒸れるはずです。車の中は臭いが充満し、窓を開けても結構臭いました。まだ3月なのでずっと窓を開けて走るということもできず、密室で2人ともこの臭いを我慢するしかありませんでした。

非情にも「本日、改装の為休業」

30分ほど走ると温泉があると分かったので、何よりも早くその温泉について足を綺麗にあらい、「この臭いとの闘いに終止符をうつか!」頭に浮かんで消えませんでした。「あl温泉の看板が見えた!」あと3kmもうすぐです。

車を飛ばし温泉へ直行!しかし、なんとこんなことがあるのか間が悪いというのか、温泉の前の看板に「本日、改装の為休業」の文字。「ううう・・」愕然としました。当時は今ほどスマホみたいな便利なものはなく、「すぐ検索して温泉を探そう!」と簡単には行かなかった時代です。

もっと調べとけばよかった。後悔の念が。しかし、足の臭いを何とかしたいと思う気持ちは以前強かったので近くに代わりの施設はないか、20~30分探しましたが近くにはありません。「とほほ・・・」

楽しかった思い出は足の臭いのおかげで鮮明に記憶に残った

こうなったら帰るまで約3時間我慢するしかない。途中でサービスエリアで休憩した時に、彼はトイレで冷たい水で応急処置的に足を洗い、靴下をかえたりしました。そのかいあって多少は臭気レベルがさがったようです。

しかし、脱いだ靴下から放たれた臭いは強烈でした。今となっては笑い話ですが、このスキーのことを思い出すと、かなり臭かった記憶がよみがえってます。人間の嗅覚で感じたことは記憶に最も鮮明に残るというのは本当のようです。