年配になってから私の部屋が加齢臭で充満

書斎年齢が40代後半ともなると、かなり体臭がきつくなってくることを自覚しています。いわゆる加齢臭と言うものでしょうか。知らず知らずのうちに部屋が臭くなってきた様子と、私自身の加齢臭を撃退しようと日々心掛けている事をお話します。

外食が多く肉料理をよく食べる。

仕事のお付き合いでお酒を飲む機会が多い。

生活が不規則で就寝時間が遅い。

このような生活習慣に心当たりがあれば要注意ですね。

そのうち家族や周りのお付き合いのある方から「臭い」とか言われます。
特に家族からの指摘は、私自身もかなりショックでした。

仕事のお付き合いもあるでしょうが、そんな環境でも少しの心がけと、それを継続する習慣を身につければ、体調も含めて体臭も軽減できます。最後まで読んでみてください。

部屋が臭い原因は充満した自分の加齢臭!

加齢臭は45歳頃から目立つようになってきたと思います。

それまで、会社では同じ年代の男性が多いせいか、女性社員からは嫌がれることはありませんでしたし、隣りに座っている同僚の方が嫌な臭いがすると、女性スタッフからは敬遠されていた程なので、私自身はあまり、加齢臭について、悩んだり意識することはほとんどありませんでした。

しかし、45歳近くになり、ちょうど賃貸マンションから出て中古マンションを購入して移り住んだ頃からでした。

私だけ自由に使える専用の書斎を持てるようになったのですが、その頃から仕事も本業の他に、サイドビジネスとしてインターネット関係の仕事も始めるようになったのです。そんな事情もあってか、自室にこもって仕事をする事が多くなり、睡眠も書斎ですることが多くなってきたのです。

また、本業の仕事も帰宅が遅くなり、書斎の部屋が寝室ともなって、一人で休むことが多くなり、おまけに床に就く時間も次第に遅くなっていました。

そんな生活が続いたのが原因か分かりませんが、その頃から、加齢臭というか自分の体からの臭いが自分でもわかるようになったのです。

家内からも、「お部屋から、すごく臭い匂いしてくるわよ。」と言われますし、娘、息子達からも同じことを言われます。「部屋のドアをあけちゃダメ。」とまで。

加齢臭撃退 ! 食生活を見直し体質改善継続中

家族から指摘されるとさすがにショックを受けまして、それから加齢臭を意識するようなったのです。

まず最初の取り組みは、自分の部屋の換気を常に良くするようにしました。家族には申し訳ないことですが、部屋のドアと窓を全開にして通気性を高めます。

そして、自分自身の対策としては、食事面の改善をはじめました。加齢臭の原因になる主たるは、食生活に関係があると聞いていたからです。

私の場合、肉類を好んで食べるのですが、それが加齢臭の原因と言われているようで、できるだけ肉系の料理を避けるようにしました。食べても鶏肉や豚肉です。

意識して野菜類を中心とした食事に切り替えています。また、仕事帰りにほとんど毎日立ち寄って飲んでいたアルコールも月に一度行くかどうか。

仕事の付き合いで飲みに行っていたのですが、アルコールは飲まなくても辛く感じることはありませんので、飲む回数を減らすことも問題はありませんでした。

そんなことをしばらく続けながら体質改善を続けています。さすがに2年程続けていると、身体も変化してきたのか、部屋からの変な臭いも無くなっているというのが、家族の感想です。2年は長いと感じるかもしれませんが、日々の積み重ねと考えれは゛特別辛いとも感じませんよ。

とは言うものの、ストレスでも加齢臭はひどくなると言いますから、日頃の生活習慣を規則正しくしておくことは大事だと思って現在も体質改善継続中です。

お出かけ万全特集記事