女性体臭体験談

【シャツの酸っぱいニオイを撃退】

更新日:

大学でテニスをやっていた頃の話ですが、よくある大学のサークルよりも練習がハードで、女性ながらも体育会系のノリで先輩も厳しかったですし、入部したての頃はまだ18歳という若さでもあり、体力には自信がありました。そのため、少々トレーニングがキツくてもどうにか周囲のペースについてゆける状態でした。

自分で言うのもなんですが、かなり真剣に頑張っていました。上下関係も意識して礼儀正しく振る舞っていたので、先輩たちからも結構可愛いがってもらっていました。ところがある日、更衣室でとてもショックな話を耳にしてしまったのです。

思い当たるふしはあったけどショックな会話が耳に

「あの子、今日も臭くなかった。真面目な子なんだけど、やっぱりあのニオイって公害だよね?」という誰かの問い掛けに、「誰か教えてあげなよー。」と誰かが返事をして、先輩たちがゲラゲラ笑う声がしました。

先輩たちは、ロッカーの向こうに私がいることには気づいていなかったようです。「あの子」と話していただけで私のことだと決めつけるのは早合点かもしれませんが、私にはなんとなく自覚がありました。それは、いつも練習で着ているTシャツのニオイです。

練習中の事を回想するとますますショック状態に

もちろん毎回洗濯はしています。洗った直後は全く臭いません。でも、運動をして汗をかいてくるとシャツから鼻にツンとくるような酸っぱいニオイがしてくるのです。抗菌タイプの洗剤や香りつきの柔軟剤を使ったり、花粉症のシーズンでも外に干して日光を当てて干したりしていたのですが、それでも臭います。洗濯機のドラムまで洗浄したのにそれでも状況はちっとも変わりませんでした。

自分でも運動後、着替える時にツーンとしたニオイを感じていたのですが、練習に夢中になっている間、他の人にまで臭っていたのだろうか?と、ショックでした。本当に私のことなのかは分かりませんが、言われても全く不思議ではない状態だったので、どうにかしなければ・・・と、色々試してみました。

熱湯消毒も良いが粉状の酸素系漂白剤できまり

失敗したのは、熱湯消毒でした。洗濯前にバケツにシャツを入れて熱湯を注いでみたのです。コットン100%の無地のTシャツはこれで大丈夫でしたが、ポリエステルが含まれたシャツはこの方法ではシワシワになってしまい、アイロンを当てて伸ばしてもダメでした。

一番良かったのは、粉状の酸素系漂白剤に2時間ほどつけ置きをしてから洗濯するという方法でした。シャツの選択表示には、30度以下のぬるま湯までならば大丈夫という表示があったので、そのくらいの温度のぬるま湯に酸素系漂白剤を多めに入れてみました。その後は、普通に洗濯機でゆすいで脱水します。これでTシャツの繊維の奥に絡みついていた雑菌を殺菌することが出来たようです。

経験を活かしてニオイを撃退

今でもその頃の経験をもとに夏場の洗濯では、時々この方法でTシャツを洗っています。漂白剤は塩素系ではなく、酸素系で粉状の色柄モノOKのものを使用するのが生地を傷めないコツだと思います。但し、毛やシルクが入っているものは、この方法はNGのようです。

-女性体臭体験談

Copyright© 100% ニオイの体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.