【異常な足の臭い】の原因がかなりヤバかった !

肝臓のイラスト環境によっては誰でも足の臭いが発生して気になるものですが、僕の足の臭いは異常でした。実はその臭いに恐ろしい病気が隠れていたのです。足の臭いで悩んでいた時の恥ずかしい体験から病気が発見されるまでのエピソードをお話しします。

当時、僕は26歳でした。職業は工場内作業員で、主にデパートとかで使われるマネキンの組み立て・搬入が仕事です。人間、生きていれば何度か自分の体臭が気になった経験はあるかもしれません。しかし僕の足の臭いは異常でした。異常なほど臭かったのです。

異常な足の臭いは並みの臭さとは雲泥の差 !

どのくらい臭いかというと、職場で休憩時間に靴を脱いでトラックのダッシュボードの上に足を放り出して休む年配の社員がいるんですが、職場の同僚は皆、口々に彼の足が臭いと噂していました。しかし僕に言わせればあの程度の臭いは無臭レベルです。僕の異常な足の臭いとは雲泥の差があります。

真夏に炎天下で納豆を2週間くらい放置した感じの臭い、といったら少しくらい想像できるでしょうか。とにかくそのくらい臭くて悩んでいたのですが、ある時、親戚に不幸がありまして、お通夜に出席する機会があったのです。会場はお寺のお堂のような場所で、当然そこは土足で上がれるような場所ではありません。

靴を脱ぐ場面では細心の注意を払っていたが、肝心な事を忘れた結果が酷い !

僕は自分の足の臭さを自覚していたので、対処法としては、まず到着次第トイレに駆け込み靴下を履き替え、消臭スプレーをありったけ噴射し、その上で更に香水も適量振りかける。そのようにしてこの場を乗り切ろうとしました。

しかし僕はうっかり、たった今脱いだ靴に消臭スプレーをするのを忘れていました。するとどうでしょう。厳粛な雰囲気、お坊さんがお経を読んでいて場内にはすすり泣く声などもこだまする状況下で、玄関の方から異臭が漂ってくるではないですか。

僕は何年もの間この臭いと向き合っています。間違いありません。あれは僕の靴から漂ってくる異臭でした。そのうち、とある出席者のお子さんが「なんかくさーい」と騒ぎ始めたのです。僕はなんだか後ろ指差されているような気がして縮こまり、顔が真っ赤になっていくのを感じていました。

足の臭さを解消しようと試みるが効果なし、しかし本当の原因がかなりヤバかった !

その後もなんとかこの足の臭さを解消しようと試みて、靴専用の汗取りパットを試してみたり、高級な消臭スプレーを試してみたり、通気性の良い靴下を着用してみたりなど、手を尽くしたのですがまるで効果は現れず。

そんな時、興味深い情報を入手します。休みの日にとある情報番組で「足の臭さは内臓疾患のサインかもしれません」という話題を取り上げていたんです。 僕は気になって近くの病院で診察を受けてみることに。

結果、予想だにしなかった病気が見つかったのです。なんと僕は肝臓を患っていたのです。内臓系にトラブルを抱えていると体の免疫機能が低下して、抗菌作用や発汗作用に支障をきたすことがあるそうです。

厄介者の体臭だが健康を計るバロメーター 体の異常を見逃すな !

担当して下さった先生からも全く同じことを言われました。肝炎はほっておくと命に関わる重大な病気になりかねないので、僕は段階的にまだ早期発見だったこともあり、すごくラッキーでした。その後、通院による治療を受け、なんとか肝臓は完治し、足の臭いも治まったのです。

今考えると、あの異常なまでの足の臭さは僕に体の異常を示すサインだったような気がします。足の臭いでかなり恥ずかしい思いをしてきましたが、今では健康を計るバロメーターですよ。