強敵 ! 夫の汗の臭いと足の臭い

洗濯>結婚をして、家事をやるようになったのですが、主人が仕事から帰った後の服の汗、靴下の臭いが強烈でした。服は、しっかり洗濯して外で干したものでも時間が経つとすぐ汗の臭いを発します。ですので部屋干しは絶対ダメです。干している段階から臭いを発するので、本人も着たがりません。しかし、お洗濯にチョットした工夫を加えることによって、あれだけ臭かった衣類の嫌な臭いが劇的に改善します。

夏など、外に出かけたときに近くにいると臭くてつい「臭い」と言ってしまったことがあります。「外でそういう事を言うな。」と言われ、確かにそうなのですがしっかり洗濯しているはずなのにと思うと悲しくなります。その割には他の人が汗の臭いを発していると文句を言っています。自分の臭いももっと気にした方が良いのではないかと思うことがたくさんあります。

食事もまずくなる程の酸っぱ臭い足のニオイ

靴下は、夕飯を食べている時に酸っぱい臭いを漂わせます。これは靴下というより「足の臭い」とも言えると思います。この臭いのせいで、せっかくのご飯が台無しな気分です。おいしいものも美味しく食べられないときもあります。私たちはいつも夕飯を一緒に食べていて、私が帰りの遅い主人を待っている形です。

いざ食べ始めようとした時にこういった瞬間があると「先に食べておけば良かったな」と思ってしまう事すらあります。主人は1日中革靴をはいて仕事をしているので仕方が無いのですが、もう少し足の臭いのケアをしてほしいと思う毎日です。ただ、主人は主人でその臭いを「臭いだろ〜」と言いながら飼い犬に嗅がせたりして楽しそうにしているのは少し面白いです。

絶大な効果を発揮する酸素系漂白剤 !

犬は主人の足を臭いと思わないのか興味津々でかいでいます。人間の何倍も嗅覚があるはずなのによく好んでその臭いを嗅げるなと思ったりします。冗談はさておいて、そこで服と靴下に関しては、洗濯をするときに洗剤だけでなく「酸素系漂白剤」を必ず入れるようにしました。

これを入れて洗濯をするとあれだけ臭かった臭いが全くなくなりました。根こそぎ臭いを落としてくれる感じがするのでとても気に入っています。いい匂いの服を着れるようになった主人もご機嫌です。

これからも徹底した対策で特に足の臭いを解決へ

また、会社内で革靴を履くのをやめて、社内でも履けるサンダルですごしてもらい、皮靴も新しい物を2足購入し、毎日交互に使ってもらうようにしました。これで足が蒸れる時間がかなり少なくなったので帰ってきても酸っぱい臭いを発することが減りました。

現在、服の汗の臭いは対処できたものの、足の臭いについてはまだまだできていないときがあります。こまめに足の爪をきってもらったり、お風呂でよく洗うよう指示はしているので、今後もっと徹底してもらえたらよくなるのではないかと期待しています。