自分の体臭を気にするようになったキッカケは お座敷スタイルの居酒屋だった

居酒屋現在私は45歳の男性会社員なのですが、10年前の35歳から自分自身の体臭を気にするようになりました。そのキッカケというのは居酒屋です。その日は仕事を終えてそのまま居酒屋に直行コースだったので、多少汗臭いだろうということは自覚してました。

その居酒屋は玄関口で靴を脱ぎ下駄箱に靴を入れ、その状態で室内に移動するっていうシステムでした。普段は靴を脱いでも臭いを嗅げるような距離になりませんが、この時はお客様が一杯で空いてる下駄箱を探すのも大変でした。

顔の高さにある下駄箱に靴を入れようとした瞬間 !

なんとか空いてる下駄箱を見つけたものの、ちょうど私の顔の高さにある下駄箱だったので靴を入れようとすると当然靴が私の顔の目の前に来ます。その時に靴から強烈な悪臭が漂ってきたんです。靴からこれだけの臭いがするということは、足先からも相当な臭いが出てるのは容易に想像できました。

その日はずっと足の臭いが気になり、足先を周囲の人に近づけないようにしないと。頭の中がこのことで一杯で気が気ではありませんでした。。そしてこの日から足の臭いや体臭のケアを行うようになったんです。

これまでも汗の臭い対策にデオドランドスプレーは携帯して使うようにしてたんですが、体だけでなく衣服についた臭いケアもしないとって考えました。下着なら毎日洗濯しますし、入浴を終えたら洗濯済みの下着に着替えますからね。

体臭だけでなく衣類に染み付いたニオイも徹底除去

しかしスーツやセーター類って毎日洗いませんよね。しかし確実に私の体臭は衣服に染み付いてるだろうと感じて、衣類についた臭いもケアしようと思い衣類用の消臭スプレー、それと同時に足の臭い対策にフットケアスプレーをそれぞれ購入しました。

どちらも近所のドラッグストアで購入しましたが、二つとも1000円未満の商品だったので経済的負担も少なかったので助かりました。特に効果が高かったのはフットケアスプレーですね。衣類についた体臭ケアも効果はあるんでしょうが、普段嗅いでる臭いなので自覚しにくいです。

いつでもどこでも準備万端 !

逆に足先の臭いって自分から嗅ぎにいかないとわかりませんし、慣れてない分臭いの感じ方も強烈です。しかしそのキツイ臭いもフットケアスプレーをシュっと一噴きすれば消えるんですから、これは凄いって思いました。

それから、足の臭いをケアしてるうちに靴の臭いもかなり減りました。今では衣類用スプレーと、フットケアスプレーの両方を自宅、職場、車内に常備するようにしておき、いつでも足の臭いや、衣類の臭いのケアを素早く行えるようにしてます。