外出前に食べた生にんにく 思わず2度見される程の口臭に友人ドン引き !

口臭が気になる今でも忘れられない若かりし頃の口臭に関するエピソードです。20歳だった私は、友達と午後に会う約束をしていました。いつものように朝食を準備しようとしていた時、ふと目の前にあったにんにくに目が留まりました。にんにくは大好きなのでいつも欠かさず家にあるのですが、やはり臭いが気になるので食べるタイミングや調理法には結構気遣っていました。

しかしなぜかその日に限って猛烈ににんにくが食べたくなりました。しかも、生にんにくをそのままバケットにこすりつけた『生ガーリックトースト』を、です。この生ガーリックトーストはスペインで初めて出会いそのおいしさに感激したのですが、当然のごとく臭いも強いため日本では一度も試したことがありませんでした。

予想以上に拡散してしまったにんにく臭 !

一瞬考えた末、食への本能的な欲求に逆らえず、生ガーリックトーストをガッツリ食べてしまいました。まあしっかり歯もみがいて、ガムとか食べとけば大丈夫だろうと思ったわけです。久しぶりに食べる生ガーリックトーストは実においしく、毎日食べてもいいなと思えるほどでした。

その後念入りに歯をみがき、友達との待ち合わせ場所に向かいました。やや時間が早かったため、コンビニに寄って時間をつぶすことにしました。店内に入った瞬間、一瞬店員が通常とは違うトーンで「いらっしゃいませ」と言ったような気がしましたが、全く気にしませんでした。そのあと入ってきた別の客も、何か私の方をチラ見しているような気がしましたが、理由もわからなかったのでスルーしました。

事の重大さに気づくも恥ずかしさで泣きそうに

コンビニを出て友達との待ち合わせ場所に着くと、友達もすぐ到着しました。すると友達に開口一番、「すさまじい臭いがするんだけど!」と思いっきりドン引きされました。そこで初めて私は、先ほどのコンビニの店員や、他の客の妙な反応も自分に向けられていたものだったと気付いたのです。

口臭も含め匂いのチェックはやはり親しい女友達だね

すぐに友達をムリヤリ連れてドラッグストアに行き、そこでブレスケアを購入しました。ここでも再び周りの視線がチラチラと、しかし確実に浴びせられ若干ハタチのうら若き女子だった私は恥ずかしさで泣きそうでした。しかしツッコまれたのが女友達だったのはまだマシだったかもしれません。これがデートとか仕事とかだったらさらに悲劇だったでしょう。

それ以来、愛しの生ガーリックトーストを口にすることは一度もなく、お料理をする時は、せいぜいガーリックパウダーか火を通したにんにくを使うようにしました。スペインを始め海外ではニンニクの臭いに寛容な場合もあるので、また激烈に生ガーリックトーストを食べたくなったら海を越える覚悟です。