【体臭の発生源】が判明 ! お気に入りのTシャツが臭い

汗をかいたTシャツTシャツは面素材のものも多く汗を吸収しやすいものなのでどちらかというと体臭には予防的な役割もあると考えることができますが、肌に直に着けるものなので素材などを間違えると臭いの発生源にもなってしまうので注意が必要です。

私が経験したのは大学生のころなので20代前半のころでした。汗はかきやすい体質でしたが、普段はそれほど体臭がきついということはなかったですし、友人からも、家族からもそのような指摘はされなかったので普段は普通の人と同じ程度だったと思います。

自分ではきづかない。通りすぎた瞬間の友人の顔ですべてがわかった

しかし、あるTシャツを着たときにどうも臭いが出ているのではないかと自分でもなんとなくは感じていました。それでも、胸や腹、脇などからは特に臭ってなかったので気にしてなかったのですが、私が通りすぎた瞬間にある友人がありえないいやな顔をしたので私が臭っているのだとそのとき初めて強く認識しました。

その原因はもともと私が体臭がきついからでも、男性だから臭うというわけでもなくどうやら着ているTシャツが原因なのではないかと思いました。そのTシャツは黒い色で全体は綿でできていてそこまでは普通のTシャツと変わりないのですが、背中の部分に大きくプリントがしてありました。

まさか ! 背中のプリント部分に臭いの原因が

プリントといっても染料だけで綿に染めたものでなく、しっかりと図柄を定着させるために塗料が厚めで裏面まで塗ってあるような作りになっていました。その部分は背中の大部分であって、綿の吸水性などはまったくなくなって汗がそこで群れるような状態になってしまうTシャツでした。

そのような作りだったので、大汗をかかなくても、少しの汗でそこに湿気がたまり雑菌が繁殖しやすくなってものすごく臭うようになっていたのでした。それ以降そのTシャツは肌に直に着ることができなくなりました。気に入っていたTシャツなので、どうしても着たいときはロングTシャツを一枚下に来てその上に着るような方法でしか着ることができなくなりました。

着るものにも注意を払って体臭対策

特にこのTシャツの場合は自分の鼻の前には臭いがなかなか来ない背中の部分だったので、すぐに気づかなかったのも失敗の原因だと思います。自分のにおいは気づきにくかったり、同じ臭いだと慣れてしまって感じなくなるので他人にはすごく臭っていても自分でわからないときもあるので注意が必要であると思います。

自分の体質だけでなく着るものでこれほど体臭になってしまうのだとそのとき初めてわかりました。このときの経験からそれ以降は、肌着など着るものにも体臭対策として気をつけています。