仕事終わりに急な食事会が入ってパニックになった体験談

ぬいだ靴体験した当時25歳女性、これは私の職場であった食事会での事なのですが、この時の仕事は主にスニーカーを履いての作業だった為、一日中ずっとはきっぱなしの状態で働く感じでした。なのでその中に履くのも靴下と言う事もあり、仕事が終わる頃になると足が蒸れた状態になるので臭いの方も凄い事になります。

そういった事もあり着替えの時には、まず靴を脱ぐので、その瞬間、臭いが一気に充満する事が凄く嫌でした。出来る事なら脱がずに着替えたい位なのですが、それはちょっと出来きません。でもそれ位臭いの方が気になっていましたね。特に狭い空間だったので、そしてそんなある日の事でした。

その日はいつも通り仕事での作業をし、あと一時間ほどで帰れるところだったのですが、職場に急にある一本の電話が入りました。まずこの時間に電話がかかってくる事は殆んどないので誰からの電話だったのか聞いてみると会社のお偉い方々でした。

最悪な事態へと進展 ! 小上がり席で靴を脱ぐはめに

なんと急遽職場の方に来られるかたちとなってしまい、そこで本当に急なのですが食事会と言う事になってしまったのです。突然の事だったので履き替える靴等も持ってきておらず、一日中履いていたこの靴で行く事になってしまいました。

私にとってこれはとても最悪な事でした。、前もって解っていれば履き替えの靴や靴下を持って来るのですが、予期せぬ事もあるものです。その後食事する場所へ向かう事となり、そして問題の席の方ですが、「あぁ!」やはり人数が多いと言う事もあり、小上がり席になり靴を脱ぐはめになりました。

自分の気持ちとは裏腹に、充満していく・・・

すると思っていた通り仕事終わりのいつもの臭いが、もうこれは替えも持って来ていないので防御する手立てがありません。そのような事もあり席に着くと更に臭いが充満していくのが解りました。これは確実に周りにかなり迷惑をかけているなと思いながら、申し訳ない気持ちでその間過ごしていました。

それでもなんとか着用していた服等で足を覆う等して、少しでも臭いが広がらないようにはしていましたが、でも本当に臭いと言うのはそれでは防ぐ事が難しくこれもあまり意味がなかったように思います。ですのでこの間、私にとってはかなり苦痛の時間でもありました。

急な小上がり席でも靴が脱げるよう、日頃から対策を万全に

それ故に、どちらかと言うと食事した事やお話した事よりも足の臭いのことで頭がいっぱいになっていたのを、忌まわしき体験として記憶に残っています。やはり靴というのは長時間履いているとどうしても蒸れてしまう事が多いので、臭いが出てしまうのもある意味仕方のない事かもしれません。

しかし、このような事が、いつ何ん時あるかわかりませんよね。急な事態にも対応できるよう、消臭効果のある物を、いつもバッグの中入れておくべきだなとこの時につくづく実感しました。