上司の口臭に悩まされたOLのあるある裏事情

口の模型事務の仕事をしている40代の女性です。私が35歳ぐらいの時に勤めていた会社の上司なのですが、口調がとても柔らかくて良い感じのする上司でした。彼は40代後半の男性で、仕事に関しての事や性格にはまったく不満はなかったのですが、なにせ口臭がひどかったのでその事に関しては迷惑に感じていました。

口臭の程度はその日によって違い、ひどい時は上司が話を始めると思わず顔をしかめたくなる程でした。上司の口臭は何と言っていいかわからないのですが、こちらが息をとめてしまうぐらい臭く、話をする事自体がが苦痛でした。

息を止める程の口臭 ! でもなかなか切り出せない日々

仕事のやり方も的確で性格も良い上司なので、他の同僚も上司に対しての不満を言う事はなかったのですが、ある時あまりにも口臭がひどかった時があり、休憩時間に思わず同僚にその話をしてしまいました。同僚も以前から感じていたそうで、上司の人格が良い分口臭については誰も言えないよねと言っていました。

直接上司に口臭の事を言う事も出来ないし、その事で他の同僚と一緒に悪口を言う事も出来ないと思い、一人でもやもやした気分になっていましたが、同僚とその話をする事が出来て、少し気が楽になりました。その日は同僚も、今日はいつもよりもひどいと言っていたので、私だけが感じていたわけではなかったと思いました。

おそらく上司と一緒に仕事をしている人や関わっている人は、みんな上司の口臭について気が付いていたと思います。気が付いてはいるけれど、どう注意をすればいいかわからないし、自分自身で口臭に気づいているのかもわからないので、どうしようもないというような現状でした。

チャンス到来 ! でも結局言い出せず・・・なんか気づいてもらう方法はないものか。。。

ある時に休憩室で上司と2人だけになり、仕事に対する不満などはないかと聞かれた事があったのですが、口臭の事についてはさすがに言う事が出来ませんでした。口臭について指摘をしたら上司が傷つくと思ったし、今後ぎこちなくなってしまうと思いました。

結局、その上司と一緒に働いた期間は2年ぐらいだったのですが、その間上司の口臭に悩まされました。上司と話をする時は出来るだけ息を吸わないようにしていたのですが、思いがけずに息を吸ってしまった時は毎回ひどい臭いで・・・

同僚達とその話をした事もありますが、誰も上司に対して口臭について言う勇気がなかったので、みんな我慢して仕事をしていたと思います。上司が他の部署に異動になった時は、正直に言うと心からほっとしてしまいました。私以外にも、上司の移動で同じ気持ちになった人は多かったのではないかと思います。