いい部長 でもザリガニ臭のような口臭はチョット。。。

歯ブラシこれは私が以前勤めていた会社で体験した出来事です。23歳の時に入社した会社で私は、5名という少人数で組織されていた部署に配属となりました。その部署は私以外が全員男性で、数年ぶりに女性である私が所属となったことで、他の方にはだいぶ可愛がっていただき、手取り足取り優しく指導をしていただいて大変感謝をしていたのですが…ひとつ、困った事があったのです。

それは同じ部署の部長の口臭がとにかくクサイ!臭いにひときわ敏感な私は、隣の席の部長から放たれる嫌な臭いに入社初日から気付いていました。部長は喫煙家、しかもかなりのヘビースモーカーで、会社でも高頻度で喫煙所に行っていた様子を見ていたので、口臭の原因はタバコのせいかと思い、タバコを吸わない私は「部長の息が臭いのは、タバコを吸うから仕方ない事なのかなぁ」と思って知らんぷりをしていました。

叱られていても、そっちのほうが気になる !

しかし、ある日のこと。仕事で私がミスを犯してしまい、部長から狭い個室でお叱りを受けた事があったのです。が、部長の口臭がキツすぎて、怒られているはずなのに全く部長の話が耳に入ってこない!挙げ句の果てに、向かい合って話をしているせいで部長の唾液が顔面に飛んでくる始末。「今すぐ顔を洗わせて!誰か私を助けてー!」と、臭いと唾液のダブルパンチを食らった私には部長のお話も耳に届かず、ひたすらじっと耐えていました。

この日、部長の口臭について私が気付いたことがひとつ。「部長の口臭はタバコだけのせいじゃない…!」なんだか部長の口臭って、小学生の頃に夏休みにザリガニをバケツに入れて飼っていたのに、外に出しておいたらザリガニが死んでしまって腐敗してきた時の臭いと似ていたんです。

だけどこの部長、本当にイイ人で…。本人に気付かれぬよう、傷つけてしまわぬよう、私はこっそり部長の口臭の原因を探り始めました(笑)自分の口臭は自分では気付けないと聞いた事があったから、「お世話になっている部長の口臭をどうにかしてあげなきゃ。」と謎の使命感を背負っていたのです。

何とかならないかなぁ このザリガニ臭

手始めにガムのお裾分け。どうせなら甘い吐息がいいな、とか思ってブドウ味のガムをあげましたが、ザリガニとブドウは仲良くなれず失敗。次に考えたのが、部長愛用のコーヒーカップを漂白する事。部長の様子を観察していて気付いたのですが、毎日コーヒーカップを使った後そのままデスクに放置して帰宅、その翌日は洗うのが面倒なのか、サッと水洗いしてまた飲み物を入れて飲む、というのを繰り返していたんです。

コーヒーやお茶を入れたり、時にはスープを注いだりなんかしている部長のコーヒーカップは「あれ?元から茶色だよね?」って位に着色していたので、口臭にはあまり関係ないのかもしれませんが、とにかく口に触れるものと思って試しに漂白しました。だけどこれ、本当に口臭に全く関係なく、ただ部長に感謝されて終わりました。

それからというもの、誕生日プレゼントには会社に置いておける電動歯ブラシをプレゼントしてみたり、さりげなく雑談の中で歯医者さんの話題を出してみたりしたのですがどれも惨敗。最終的にはどうにも改善されない部長の口臭に絶望しつつ、部長が少し気付くように会話しながら笑顔で鼻を構ってみたりして、臭いですよアピールを幾度となく繰り返しましたがダメでした。

入社から5年ほど経過し、私は退職してしまったので、部長(の口臭)とはさよならをしましたが、人の良い部長の口臭が少しでも和らいでいる事を祈るばかりです。