足裏のニオイでごめんなさい…。

ストッキング当時、社会人になりたての22歳でした。それまで、あまりストッキングをはくような生活ではなかったのですが、社会人の女性としての身だしなみとして、ストッキングをはくようになりました。そして、ストッキングをはくと同時にパンプスも初挑戦です。しかし、パンプスは思いのほか、歩きにくく、ちょっと歩くと足裏はシットリ。こんなにも大変な物だとは思いませんでした。

最初は、慣れるまでの辛抱だと思っていました。でも、パンプスとストッキングは、ある程度慣れても、歩く時に力が入ってしまうのと、汗が吸収されにくい素材だということで、靴の中の湿気は全く改善されませんでした。そんな時に、かなり恥ずかしい事が起きてしまったのです。

やばい ! お座敷に広がる嫌なニオイ

社会人1年生で、同期たちとの飲み会がありました。当時、彼氏のいなかった私はとても楽しみにしていた飲み会です。洋服やメーク、しっかり気合いを入れてのぞんだのです。そして、その飲み会の会場となったのが、掘りごたつ式のお座敷居酒屋でした。席に着くまでは、全く気にならなかったのですが、座ってみると、なんだか足の嫌なニオイが…。

もしかして、私なのかもと不安には思ったのですが、隣の男性かもしれないと心を落ちつけました。そして、気になりつつも楽しい飲み会が始まりました。すると、1人の男性が私の隣の男性に向かって、「お前、足くせぇよ…」と。私の隣の男性は否定はしているものの、足のニオイはそのあたりからだったので、完全にその男性のニオイだと、周りは思っていたようです。

一触即発の事態を乗り切る

男性は笑って、受け流していたのが救いです。私はというと、顔をひきつらせながら、一緒に笑っていました。そして、私は指でちょっと足裏を触って、ニオイをかいでみました。やっぱり…。予想通り私でした。でも、そんな事は言えないし、気付かれては困ると思い、私はずっと席を立つ事が出来ませんでした。

トイレに行きたくならないように、お酒もあまり飲みませんでした。もしかしたら、隣の男性はニオイの元が私だと気づいていたかもしれません。本当に申し訳ないとは思いましたが、助かりました。そして、ただのお座敷ではなく、掘りごたつ式で良かったと思いました。

素早い行動でストッキング足の臭い対策

それ以来、私は常にストッキングの代えとウェットティッシュを持ち歩き、お座敷の場合は、お店に入るとすぐにトイレに直行して、足裏をきれいにふいて、ストッキングをとりかえるようになりました。会社にもストッキングは常備してあります。今でも、ストッキングとパンプスで歩くと足裏はシットリします。慣れて改善する事はないようです。

ストッキングをはいている女性はみんなそうなのか、それとも、それは私の体質なのか、他の人にも聞いてみたいところです。