【汗による失敗談】毎朝の楽しい通学が一転 滝地獄 !

通学これは私が高校に入学して初めての夏を経験した時の失敗談です。当時、15歳で中学を卒業して、華々しい高校デビューのイケメンを目指していた私は、ワックスや制汗剤を付けたり頑張っていました。髪型は反町隆史風(ドラマのビーチボーイズの影響で)をイメージしマッド系ワックスを使い、制汗剤は女性受けしそうな【せっけんの香り】を付けていました。

高校は地元の高校では無く、自宅から駅まで自転車で15分、電車で30分、駅から徒歩15分程掛かる場所にありました。高校デビューを目指していた理由は、初めての電車通学で同じ高校に通う先輩に恋をしたからでした。それは地元の中学の1つ上の先輩でもあったS先輩。

上戸彩似の顔立ちで、ドストライクでした。こんな可愛いなら中学でも噂になるはずですが、先輩は高校デビューらしく、中学時代は目立たない存在だったみたいです。ある日たまたま、いつもの電車より少し早めの電車に乗った時に初めて通学中のS先輩に出会いました。私の中学時代は少し目立つ存在だったので、S先輩から話しかけてくれたのが、私が彼女を好きになったキッカケでした。

電車で会えることを期待して、意気揚々と

「A君だよね、同じ高校だったんだ。やっぱり、制服そっちの方が可愛いよね。こっちの制服ダサくて。」私が入学した際にちょうど制服が変わったので、うちの高校の制服が可愛くなったと少し有名になっていたのです。私は誰か分からずに、適当に会話するしか出来なくて、でもすぐに好きになってしまったのです。

それからはこの電車に乗るために、いつもより早起きして、先輩と一緒の電車に乗ることを目指して頑張っていました。そんなある日、最悪な日が私を待っていたのです。その日は気温が上がり、しかも雨が降っていて、湿度が異常に高い日でした。電車の中は、既に窓が曇る程の熱気。

あまりの滝汗状態に、その場を逃げ出す私

何故か、クーラーでは無く扇風機しか回っていない。雨の中、自転車を漕いで、電車に乗り込んだ私には地獄でしかありませんでした。しかも、こんな日に限って、先輩の目の前に立ってしまいました。私は緊張してしまい、いつもより余計に額から滴り落ちるくらい汗をかいていました。

しかも、こんな時に限ってタオルを忘れて、前の先輩に汗がかかってしまってました。私はすいませんしか言えず、S先輩は大丈夫って言ってくれてましたが、汗の匂いも制汗剤と変に混ざり臭くなってきて、尚更最悪でした。私はサウナばりに汗をかき、もうその場所にいれなくなり、先輩に何も言わず途中下車してしまいました。

あの日以来先輩に合わす顔が無く、電車の時間も変えて、制汗剤も付けすぎる事を気を付けるようになりました。制汗剤は適量を守ろうと誓った日になりました。