石鹸について

これは使える石鹸活用法 固形石鹼と液体石鹸どっち

更新日:

どこの家庭にもあるもので入手自体はとても簡単ですが、どちらのタイプをお使いですか。

スーパーやホームセンター、ドラッグストアなどで普通に売られており、体の汚れを落とすのに使われる石鹸ですが、この製品には大きく分けて2つの種類が存在していて固形のものと液体状のものがあります。

・成分やコストパフォーマンスなどがわかれば、選び方もより明確になりますね。
・私の肌には、固形石鹼と液体石鹸どちらが合っているのかな ?
・敏感肌の人はどっち ?

普段、あまり気にすることなく使っている石鹸でもよく調べてみると、向き不向きがあるのかなと感じました。

我が家では固形石鹸を使っていますが、これ読んでいただいて今一度、製品の見直しをしてみると新たな発見があってバスタイムがもっと良くなるかもしれませんよ。

固形石鹼と液体石鹸それぞれの成分、使い分け、洗浄力、皮膚への影響、コストパフォーマンスなどそれぞれの特徴を整理してお伝えします。

改めて固形石鹼と液体石鹸の比較

固形石鹸は昔から使われているもので、固い見た目をしており、皿状の容器などに入れて使われることがほとんどです。

素手で擦ったり、タオルで摩擦したりすることで、洗浄成分が付着し、摩擦によって泡が立ちます。その泡を皮膚につけることにより、汗汚れや角質汚れ、皮脂汚れなどを浮かせて取り除きやすくします。

液体状のものは、ボディーソープと呼ばれることが多い製品です。

主にボトル容器に入れられており、プッシュすることで液体が容器から出てきます。それを手のひらやタオルなどにつけて摩擦することで泡が立ち、汚れ落としに使いやすくなります。保管するにはボトル容器をそのまま置いておくだけで構いません。まるでシャンプーのように取り扱えるのが特徴です。

固形石鹸の成分

同じ石鹸ですが、使われている成分の違いをご存知でしょうか。まず固形石鹼ですが、固められたものは脂肪酸と水酸化ナトリウムを化学反応させることで出来上がる、脂肪酸ナトリウムが主な成分です。これは界面活性剤としての役割を持っており、水に反応して汚れを落とす力が生まれます。

液体石鹸の成分

ボディーソープの場合は脂肪酸と水酸化カリウムを化学反応させて出来上がる、脂肪酸カリウムが主な成分です。この成分は水に溶けやすい性質を持っているため、液状にしても品質を保てるのが魅力です。

使い分け方法

両者の使い分け方法ですが、気になる刺激に関しては差がありませんので、安全性の違いを気にしなくても構いません。しかし、厳密に言うと脂肪酸ナトリウムのほうが若干低刺激ですので、敏感肌の人なら、固められたタイプの製品を選ぶのがおすすめです。

とはいえ、製品によって配合されている成分や物質に違いが見られますので、必ずしも脂肪酸ナトリウムのほうが低刺激とはいえません。場合によってはボディーソープの製品のほうが肌にやさしいパターンがありますので、配合されている成分をきちんと調べてから購入を決断するのが安全です。

洗浄力について

洗浄力で比較するなら、脂肪酸ナトリウムが優れています。固形石鹼の方ですね。

ボディーソープには洗浄成分である脂肪酸カリウムだけでなく、水分が含まれていますので、同じ量でも洗浄成分の割合が低くなっています。その分だけ洗浄力が落ちますから、汚れ落ちに物足りなさを感じられることがしばしばあります。

皮膚への影響を考慮した選び方のポイント

逆に言えば、洗浄力のマイルドなボディーソープを使うことによって、皮脂の落とし過ぎを防げるメリットがあります。乾燥しがちな肌の人、肌が炎症を起こしている人などは、ボディーソープを選ぶというのも選び方の一つのポイントです。

洗浄力を無理やり高めた製品でなければ、一般的にボディーソープの洗浄力はマイルドで、肌にやさしいのは確かです。

脂肪酸カリウムは皮膚疾患に対応する成分としても使われている実績を持っており、脂肪酸カリウムのおかげで皮膚にうるおいを与える効果が、固められた固形石鹸よりも優れています。

しかし、刺激に関する部分でも指摘したとおり、配合されている成分によって洗浄力が違ってきますので、必ずしもボディーソープの汚れ落としが弱いとは限りません。

強すぎない洗浄力を求めるのであれば液体タイプのボディーソープを選び、その際には成分に強い洗浄力を加えるものが配合されていない製品を選ぶことが大切です。

洗い流すときににも洗浄成分が肌の表面に残りにくいため、肌に余分な成分を残しにくいのがメリットです。固められたものだとやや成分が肌に残りやすいため、たっぷりのお湯や水で十分にすすぐことが大切な要素となってきます。

コストパフォーマンス

コストの面で見ると、少ない量でも高い洗浄力を誇る、固形タイプの製品が優れています。

売られている製品も比較的安価なものが多く揃っており、お手頃価格で誰でも気軽に購入できます。コストパフォーマンスに優れるのが、固められた製品の特徴です。

ゴミを増やしにくいのも、固められた製品のほうが優れています。ボトル容器に入れる必要がなく、むき出しのまま保管できるため、ゴミがほとんど出ません。

ボディーソープの場合だと購入のたびにボトル容器を一緒に入手することになりますし、ゴミが増える原因になりますが、今ではつめかえ用の容器が普通に売られていますので、つめかえ用の活用することでゴミを極端に減らすことが可能です。

まとめ

・総合的に見て固形タイプの石鹸に優れた部分が多く見受けられます。

・特に肌トラブルを抱えているわけでなければ、洗浄力、コストパフォーマンスに優れ、ゴミを捨てる手間がかからないこちらの製品を選ぶのがおすすめです。

・石鹸には界面活性剤が使われていますが、これは油分と水分を混じりやすくする働きがあり、おかげで汚れを効率よく落とすことができます。

・健康被害を極端に気にする人がいる側面もありますが、界面活性剤がなければ汚れがほとんど落とせませんので、過剰に拒否するのはよくありません。

-石鹸について

Copyright© 100% ニオイの体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.