これは使える石鹸活用法 固形石鹼と液体石鹸どっち

石鹸どこの家庭にもあるもので入手自体はとても簡単ですが、どちらのタイプをお使いですか。

スーパーやホームセンター、ドラッグストアなどで普通に売られており、体の汚れを落とすのに使われる石鹸ですが、この製品には大きく分けて2つの種類が存在していて固形のものと液体状のものがあります。

成分やコストパフォーマンスなどがわかれば、選び方もより明確になりますね。

私の肌には、固形石鹼と液体石鹸どちらが合っているのかな ?

敏感肌の人はどっち ?

普段、あまり気にすることなく使っている石鹸でもよく調べてみると、向き不向きがあるのかなと感じました。

我が家では固形石鹸を使っていますが、これ読んでいただいて今一度、製品の見直しをしてみると新たな発見があってバスタイムがもっと良くなるかもしれませんよ。

固形石鹼と液体石鹸それぞれの成分、使い分け、洗浄力、皮膚への影響、コストパフォーマンスなどそれぞれの特徴を整理してお伝えします。

改めて固形石鹼と液体石鹸の比較

特徴

固形石鹸は昔から使われているもので、固い見た目をしており、皿状の容器などに入れて使われることがほとんどです。

素手で擦ったり、タオルで摩擦したりすることで、洗浄成分が付着し、摩擦によって泡が立ちます。その泡を皮膚につけることにより、汗汚れや角質汚れ、皮脂汚れなどを浮かせて取り除きやすくします。

液体状のものは、ボディーソープと呼ばれることが多い製品です。

主にボトル容器に入れられており、プッシュすることで液体が容器から出てきます。それを手のひらやタオルなどにつけて摩擦することで泡が立ち、汚れ落としに使いやすくなります。保管するにはボトル容器をそのまま置いておくだけで構いません。まるでシャンプーのように取り扱えるのが特徴です。

固形石鹸の成分

同じ石鹸ですが、使われている成分の違いをご存知でしょうか。まず固形石鹼ですが、固められたものは脂肪酸と水酸化ナトリウムを化学反応させることで出来上がる、脂肪酸ナトリウムが主な成分です。これは界面活性剤としての役割を持っており、水に反応して汚れを落とす力が生まれます。

液体石鹸の成分

ボディーソープの場合は脂肪酸と水酸化カリウムを化学反応させて出来上がる、脂肪酸カリウムが主な成分です。この成分は水に溶けやすい性質を持っているため、液状にしても品質を保てるのが魅力です。

洗浄力について

洗浄力で比較するなら、脂肪酸ナトリウムが優れています。固形石鹼の方ですね。

ボディーソープには洗浄成分である脂肪酸カリウムだけでなく、水分が含まれていますので、同じ量でも洗浄成分の割合が低くなっています。その分だけ洗浄力が落ちますから、汚れ落ちに物足りなさを感じられることがしばしばあります。

選び方のポイント

選ぶ

使用感

石鹸の基本的な機能は、体の表面に浮き出た皮脂や汗を石鹸成分の脂肪酸ナトリウムが結びついて洗い流す洗浄効果と、皮脂表面に石鹸成分が残って、新たに出でくる皮脂の酸化を防いで臭いを抑える。と言う2つの働きがありますが、これ以外にも「使い心地」と言う側面を持っています。

泡の立ち方、香り、などがそれにあたり、エッセンシャルオイルの香りやメントールなどの涼しい感じのする物など入浴時に匂いによってリラックス効果を演出する石鹸がたくさんあります。

固形石鹼、液体石鹸どちらも使い心地が良い物は値段も高いです。 泡の立ち方についても、高級石鹸の部類はなぜかよく泡が立ち、しかも肌につけても泡自体がなかなかへたりません。

「体を洗う」と言う事に関しては、石鹸を泡だてる理由は肌とのクッションがその役割 の記事でも書きましたが、泡の質が大変重要な要素です。 どちらも値段が高い製品は、使用感も良いという結論ですが、量の調節、泡のたてやすさ、製品の管理などの使用感からすると液体石鹸の方がやや良いですね。

肌への刺激

気になる刺激に関しては、ほとんど差がありませんので、安全性の違いを気にしなくても構いません。しかし、厳密に言うと固形石鹸の脂肪酸ナトリウムのほうが若干低刺激ですので、敏感肌の人なら、固められたタイプの製品で、しかもあまり薬用成分などの洗浄効果の高い成分の入っていない物を選ぶのが安全ですね。これだけでも洗浄力は十分あります。

とはいえ、製品によって配合されている成分や物質に違いが見られますので、必ずしも脂肪酸ナトリウムのほうが低刺激とはいえません。場合によってはボディーソープの製品のほうが肌にやさしいパターンがありますので、配合されている成分をきちんと調べてから購入を決断するのが安全です。

液体石鹸の主成分である脂肪酸カリウムは皮膚疾患に対応する成分としても使われている実績を持っており、脂肪酸カリウムのおかげで皮膚にうるおいを与える効果固められた固形石鹸よりも優れています。

洗浄力を無理やり高めた製品でなければ、一般的にボディーソープの洗浄力はマイルドで、肌にやさしいのは確かです。 逆に言えば、洗浄力のマイルドなボディーソープを使うことによって、皮脂の落とし過ぎを防げるメリットがあります。

強すぎない洗浄力を求めるのであれば液体タイプのボディーソープを選び、その際には成分に強い洗浄力を加えるものが配合されていない製品を選ぶことが大切で、乾燥しがちな肌の人、肌が炎症を起こしている人は、こういう観点でボディーソープを選ぶというのも選び方の一つのポイントです。

洗い流すときににも洗浄成分が肌の表面に残りにくいため、肌に余分な成分を残しにくいのもメリットです。固められたものだとやや成分が肌に残りやすいため、たっぷりのお湯や水で十分にすすぐことが大切な要素となってきます。

体臭対策

近年の傾向として、男女、共に加齢臭などの体臭がかなり気になるという調査データがあります。近くのドラッグストアやコンビニエンスストアに足を運ぶと、汗拭きシート、制汗剤、消臭クリーム、消臭スプレーなど様々なデオドラントグッズが沢山ならんでいます。

みんなが求めている証拠ですね。 石鹸は、と言うと圧倒的に液体石鹸の方が種類が多くて、派手な看板に「加齢臭、ニオイ、40才、男」などの文字が目立ちます。ところが、固形石鹸は寂しいかな、あんまり種類がなくて、特にニオイ対策に有効な成分の入った薬用石鹸、いわゆる医薬部外品の製品は数える位しかないんですね。

やはり、男女共、最近はボディーソープのほうがプッシュするだけで手間がかからず、泡立ちも良いという事から、液体石鹸のほうに需要があるようです。 しかしながら、私自身は、固形石鹸をつかっています。使用した事のある物や現在使用中の物は追って紹介したいと思いますが、今回はその理由を簡単に説明します。

小学校時代、手洗い場に行くと蛇口に石鹸の入ったネットがくくりつけてあって、生徒一人一人がそのネットの上から石鹸をつけて手洗いをしていたと思いますが、あの石鹸は特別高級な石鹸でもないのに、洗った後はスッキリしませんでしたか ?

理由は、汚れがおちただけでなく「金属セッケン」ができて、皮膚にくっついて残るからなんです。 「金属セッケン」と言うのは、水道水に含まれるミネラル(カルシウムやマグネシウム)時と、固形石鹸のナトリウム成分が結びついてできますが、不思議と液体石鹸をつかった場合、「金属セッケン」はできているはずなのですが、あのサッパリ感は固形石鹸みたいに感じられないんです。

「金属セッケン」自体に洗浄力はなくて、これに垢などの汚れがくっつくと「石鹼カス」になります。洗濯機につくとやっかいなので、洗濯石鹸には「金属セッケン」ができにくくする成分が添加されています。

お湯にミネラル成分が多く含まれた温泉に行くと、石鹸が全然泡立たなかった経験ありませんかね。後は、一度スペインに旅行に行った時、お風呂環境はよくないと聞いていましたが、この時も石鹸が全く泡立たなかったです。

この理由も同じで、ヨーロッパのほうは水道水がミネラル分を多くふくんだ「硬水」で、「金属セッケン」がたくさんできてしまうからなんです。

日本の水はと言うと、ミネラル分をあまり含まない「軟水」で「金属セッケン」はあまりできないんですが、少量の「金属セッケン」と一緒に加齢臭やミドル脂臭を抑える成分も肌に残ることによって、皮脂が分泌した時に臭いを抑えサッパリ感がさらにいい感じになります。

以上のような理由で、私は、固形石鹸を使用していますが、薬用石鹸はほとんど通販でしかなくて、値段も高いんですよね。

我が家のちょっと変わった固形石鹸の使い方

トイレ清掃

石鹸のアルカリ分にはそれ自体に殺菌能力がそなわっていて、菌のタンパク質などを溶かして殺菌できます。アルカリ成分の多い泉質の温泉につかると、肌がツルツルしてくるのはこの作用によるものですが、この性質を利用して我が家では、トイレ掃除に固形石鹸を使っています。

便器の中もですか ?

その通りです。なぜならば、便器そのものにキズをつけない為です。まな板も毎日使っていると表面に、包丁で食材を切った時にどうしても キズがつきますが、そこに汚れがたまって黒ずみになったり、バイ菌がそのキズに入り込んでとても不衛生になってしまいます

便器も同じで陶器でできた表面を毛先の硬いブラシなどでゴシゴシやると、だんだんキズがついてきて黒ずみとなり、汚れがたまって落ちなくなってしまいます。

そこで固形石鹸の登場ですが、やり方としては、ゴム手袋をはめて、古くなった化学繊維でない普通のタオルに安い石鹸でいいので、石鹸をつけて窓やテーブルを拭くのとおなじように便器と後ろのタンクを吹いていきます。

終わったらこんどはタオルをよく洗い水拭きして終了です。腰をかがめて清掃するので、気がつかなかった部分の汚れも発見できてピカピカになり、消臭剤をおかなくてもトイレがいつも、普通の石鹸の匂いになります。

万が一便器を汚した時の為にブラシも用意していますが、先端が柔らかいスポンジの物をつかっています。

便器の中に手をいれたり、顔を近づけたりするのが最初は抵抗あるかもしれませんが、私自身、トイレ清掃は最初からこのやり方で教わったたので抵抗がないんです。 便器をキズつけないやり方ですので、できそうであれば試してみてください。

コストパフォーマンス

コストの面で見ると、少ない量でも高い洗浄力を誇る、固形タイプの製品が優れています。

売られている製品も比較的安価なものが多く揃っており、お手頃価格で誰でも気軽に購入できます。コストパフォーマンスに優れるのが、固められた製品の特徴です。

ゴミを増やしにくいのも、固められた製品のほうが優れています。ボトル容器に入れる必要がなく、むき出しのまま保管できるため、ゴミがほとんど出ません。

ボディーソープの場合だと購入のたびにボトル容器を一緒に入手することになりますし、ゴミが増える原因になりますが、今ではつめかえ用の容器が普通に売られていますので、つめかえ用の活用することでゴミを極端に減らすことが可能です。

まとめ

・総合的に見て固形タイプの石鹸に優れた部分が多く見受けられます。

・少量の「金属セッケン」はサッパリ感をもたらす。

・石鹸には界面活性剤が使われていますが、これは油分と水分を混じりやすくする働きが あり、おかげで汚れを効率よく落とすことができます。

・健康被害を気にする側面もありますが、界面活性剤がなければ汚れがほとんど落とせませんので、過剰に拒否するのはよくありません。

・特に肌トラブルを抱えているわけでなければ、洗浄力、コストパフォーマンスに優れ、ゴミを捨てる手間がかからない固形石鹸を選びましょう。